FC2ブログ

「New Moon」
大阪 Baby Blues

第三章『小さな恋のメロディ』8

 ←第三章『小さな恋のメロディ』7 →第三章『小さな恋のメロディ』9
*********

すっかり外が暗くなってから、裕貴はアパートを出て、初めてりょうたちと会った修理工場の隅のプレハブ小屋に向かった。

プレハブにはまだ、お好み焼きを焼くのが特技の小柄な小宮しかいなかった。

「裕貴」

「あれ? おまえだけ?」

「うん。あいちゃんは来てんで」

相ちゃん――射撃が得意な相原あいはらだ。

しかし狭いプレハブの中には小宮の姿しか見えない。

「いねぇじゃん」

裕貴の言葉に、小宮は外、外と裏の窓を指した。

修理工場の裏は掘削途中で放り出されたような感じで、中途半端に地肌を剥き出しにした山が残っている。

裕貴はぶらりと外に出てみた。

山の方からパンパンと乾いた音がした。そちらに向かって歩いて行くと、足元にへこんだ空き缶が勢いよく転がってきた。

「なにやってんだよ」

遠くに設えられた簡易街灯の明かりしかない真っ暗な空き地の向こうから、うん、という返事が聞こえた。

相原の声だ。相原は、声変わりも怪しいようなまだ高い声をしていた。

また、かんっと空き缶が飛んでくる。

よく見れば、逆さにした木箱の上にちょこんと腰掛けた相原が、遠目のドラム缶の上に並べた空き缶を空気銃で撃っていた。

また缶が弾き飛ばされる。

「げっ。おまえ、こんな暗いトコで見えてんのかよ」

裕貴が驚いて言うと、相原は無表情な顔でこちらを見た。

「見える」

「ネコか、おまえは」

冗談を言いながら側に寄っていく裕貴には目もくれず、相原は残りの缶を弾き飛ばした。

「すっげぇなぁ、おまえ」

しかし相原は返事もせず、空き缶が並んでいたドラム缶をぼんやりと眺めていた。

別に怒っているわけでも、喧嘩を売っているわけでもないことを、ここ数日のつきあいで裕貴は分かっていた。

相原は極端に感情に乏しいのだ。コミュニケーションを取ること自体が苦手なようだった。

いつも無表情で、ほとんど口を効かない。

でも内藤に指図されたことは理解しているらしいし、仕事ぶりもいい。知恵が遅れているわけではない。ただ人づきあいが苦手なのだろう。

裕貴も、別に愛想を振りまいて欲しわけではないから気にならない。一度、こういう奴なんだと飲み込んでしまえば、いっそつきあい易い。

相原は無愛想だけれど、裕貴のこともちゃんと仲間だと理解していて、時々、射撃のコツなんかも教えてくれる。本人はそんなつもりもなく、思いついたことを口にしているだけという気もするが、相原は内藤グループの仲間以外には返事もろくにしないから、やっぱり裕貴のことを仲間だと思っているのだろう。

飛ばされた缶を拾い上げてしげしげと見ていると、相原が、もう一回、とだけ言った。

もう一度、射撃をする、という意味だろう。

裕貴はその缶をドラム缶の上に置いた。相原も残りの缶を拾い集めて、またドラム缶の上に並べる。

それから木箱の上に戻ってきて、無造作に空気銃を撃ち始めた。

ほとんど間を置かずに引鉄を引いていく。その目に感情はなく、狙ってやろうという気負いもなく、ただ適当に指先に力を込めているだけのように見えるのに、空き缶はまるで手品のように再び弾かれていった。

「なんや退屈してんねんなぁ、相原」

プレハブの明かりを背に受けて、逆光の中の人影から声がした。

「啓介さん」

裕貴が影になった内藤に向かって走って行くと、亮と手塚もその後ろに立っていた。

ぞろぞろとプレハブに入って行きながら、亮がにやにや笑いながら裕貴の顔を覗き込んだ。

啓介、 、さん?」

「なんだよ」

内藤、 、さん、やないんや」

亮は内藤が両刀だと知っている。その噂を裕貴に持ち込んだのはもともと亮だ。

「別にいいだろ」

口を尖らせて、事務机の周りに散らばった椅子のひとつに勢いよく座り込んだ裕貴の真後ろに腰をおろした亮が、耳許で言った。

ヤったやろ、 、 、 、 、?」

品のない亮の言葉に、裕貴は顔が紅くなるのが分かった。

亮は面白がって、後ろから裕貴の頭を突ついた。

「で? どやった? 内藤さん、うまいんか?」

裕貴はひっくり返りそうになって振り返った。

「お…まえ…っ、マジでうるせぇよっ」

殴りかかろうとした裕貴を軽く受け流して、亮はゲラゲラと笑いだした。笑い声を聞きつけた手塚のテッちゃんが、なになに、と野次馬根性丸出しで身を乗り出してくる。

「テツはあっち行けっ! 関係ねーだろっ」

裕貴が喚くと、手塚が、なんやねん、俺も混ぜろや、と言い返した。

「おまえら、やめろ。俺は学校の先生やないねんぞ」

内藤が腰に手を当てて渋い顔を作ってみせた。

まるで体育教師みたい。

今度はその場にいた全員が笑い出した。
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png New Moon
総もくじ 3kaku_s_L.png Crescent Moon
もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Moon
もくじ  3kaku_s_L.png TOXIC
もくじ  3kaku_s_L.png BROTHER
もくじ  3kaku_s_L.png DIRTY SITUATION
もくじ  3kaku_s_L.png Killer Street
もくじ  3kaku_s_L.png Tattoo Maniac
総もくじ  3kaku_s_L.png New Moon
総もくじ  3kaku_s_L.png Crescent Moon
【第三章『小さな恋のメロディ』7】へ  【第三章『小さな恋のメロディ』9】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【第三章『小さな恋のメロディ』7】へ
  • 【第三章『小さな恋のメロディ』9】へ