FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←最終章『許されざる者』9 →最終章『許されざる者』11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Moon
もくじ  3kaku_s_L.png TOXIC
もくじ  3kaku_s_L.png BROTHER
もくじ  3kaku_s_L.png DIRTY SITUATION
もくじ  3kaku_s_L.png Killer Street
もくじ  3kaku_s_L.png Tattoo Maniac
総もくじ  3kaku_s_L.png New Moon
総もくじ  3kaku_s_L.png Crescent Moon
もくじ  3kaku_s_L.png 武牧
【最終章『許されざる者』9】へ  【最終章『許されざる者』11】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「New Moon」
大阪 Baby Blues

最終章『許されざる者』10

 ←最終章『許されざる者』9 →最終章『許されざる者』11
**********

「裕貴っ」

天保山公園の遊歩道を駆け上がりながら一臣は叫んだ。

後ろから磯村たちが追いかけてきているが、不摂生を絵に描いたような極道たちの遅い歩みを待ってなどいられない。

天辺の広場にあがりきって、一臣はぎくりとその足を止めた。

綺麗に舗装され、植樹された広場は血の臭いに満ちていた。

死体だらけだ――

地面には、スーツ姿の男たちに混じって、まだ歳若い少年たちの姿も見えた。

「裕貴っ」

まさか――という思いを必死で打ち消して、一臣は、ひとめで少年と分かる死体から死体へと確認して歩いた。

裕貴と一緒に沼田組事務所を訪れていた亮という背の高い少年と、手塚という少年もその死体の中に混じっていた。

追いついた磯村たちが、親爺っ、と叫んでいる声が聞こえたが、それに取り合っている暇はなかった。

裕貴――

どこにもいない――と思ったとき、石塔の裏に人影が見えた。

「――裕貴っ」

抱き起こした裕貴の金色の髪は、べったりと血に濡れていた。そしてその腹も――

暗い石塔の陰でその色は闇に沈んでいたが、一臣の手をぬるりと嫌な感触が濡らした。

まさか――まさか――裕貴――

一臣は震える指先を裕貴の首筋に押しつけた。その頚動脈は微かに脈を打っていた。

生きている――

「磯村さんっ」

血だらけの裕貴をもう一度、地面に下ろして、一臣は吠えた。

「大阪にもヤクザが出入りしている病院はありますよねっ?! どこですか?」

磯村は、ぐったりと瞳を閉じる裕貴をぎょっとした顔で見た。

「それどころちゃうわっ、こっちは親爺が…――」

最後まで言わせずに一臣は磯村の襟首を捻りあげた。

「今すぐ場所を言え。言わなけりゃ、このまま救急病院に駆け込むぞ。こっちはやられた側だからな、オデコが来ようが知ったこっちゃない――」

「お…、笈川おいかわ…」

これまで常に冷静で礼儀正しかった横浜からのできのいい腕貸しの豹変ぶりに、磯村は顔色を失くした。
関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png New Moon
総もくじ 3kaku_s_L.png Crescent Moon
もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Moon
もくじ  3kaku_s_L.png TOXIC
もくじ  3kaku_s_L.png BROTHER
もくじ  3kaku_s_L.png DIRTY SITUATION
もくじ  3kaku_s_L.png Killer Street
もくじ  3kaku_s_L.png Tattoo Maniac
総もくじ  3kaku_s_L.png New Moon
総もくじ  3kaku_s_L.png Crescent Moon
もくじ  3kaku_s_L.png 武牧
【最終章『許されざる者』9】へ  【最終章『許されざる者』11】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【最終章『許されざる者』9】へ
  • 【最終章『許されざる者』11】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。